飲食店専門社労士が業界ならではの労務管理対策を伝授します!

飲食業界は特殊な世界でしょうか。そんなことはありません。ただ、パート・アルバイトの方の就業者の割合が多く、提供する料理や飲み物によっては、多少拘束時間が長くなるかというところがあるだけです。

店主が一人または家族でお店を切り盛りしていたころは事務も少なかったのが、従業員(パート・アルバイトを含む。)を一人でも雇うと、労働・社会保険に関する法律を守る義務が生じ、とたんに膨大な事務作業が発生してきます。その後、法人化、多店舗化といったところになると、いわゆるコンプライアンスを問われ、もっとレベルの高い法律の縛りがでてきます。そういった節目にでも、今一度、お店と従業員様の関係を見直してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

飲食店専門社労士が業界ならではの労務管理対策を伝授します!” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です